「アメリカ 大統領選挙」タグアーカイブ

トランプ氏 当選確定

アメリカ大統領選挙で、主要メディアのひとつ、AP通信は、共和党のトランプ氏が当選を確実にしたと伝えました。アメリカの主要メディアで当選確実を伝えたのはAP通信が初めてです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161109/k10010762191000.html

(ここまで引用)
ロシアのプーチン大統領はドナルド・トランプ氏に対して米大統領選挙の勝利を祝い、2国関係の危機脱却をめざし共に作業を行なうことへの期待を表した。露大統領広報部が発表した。

https://jp.sputniknews.com/politics/201611092991614/

本音と綺麗事のガチンコ勝負。

トランプ氏が勝ちましたね。いやぁ、応援していたとはいえ本当に勝つとは思いませんでした。
今回の選挙には見どころと呼べるものがいくつもあるのですが、ここではアメリカのマスコミについて話そうと思います。

今回の選挙では、アメリカのマスコミの主要100社は、すべてヒラリー氏を応援するという異例の自体でした。中小の地方紙も、これまで共和党支持を表明していたところが民主党支持に回る等、猫も杓子もヒラリー支持、トランプ批判となっていました。
トランプ氏が嫌われている理由は、ぱっと見る感じ「品がない」「頭悪そう」「差別主義者」とそんな感じなのですが、一番の理由は「金」であるようです。
トランプ氏自身は不動産王なのですが、彼はアメリカの貧乏人の側につき、逆に民主党のヒラリー氏は金融資本家の側につきました。今までとは逆の構図です。

今回と同じような事態というのは1896年のアメリカ選挙以来なのだそうです。
この時には金持ちの側にマッキンリー氏が、貧乏人の側にブライアン氏がつきました。
この際の金持ち側の圧力というのはすごいもので、経営者が労働者に対して「ブライアンが勝ったら君達仕事ないからね」と上から下に圧力かけたり、「ブライアンが勝ったら君のところと商売しないから」と会社同氏で牽制したり、マスコミだけでなく経営者全体が一致団結してブライアン氏を降ろそうと必死になりました。
結果ブライアン氏は負けてしまうのですが、だいぶ接戦となったそうです。

今回の大統領選は、さすがに1896年程とは言わないまでも、マスコミの反トランプの風潮は露骨にひどいものでした。トランプ氏を応援しようものなら、有無を言わさず「差別主義者」のレッテルを貼られる程度にはひどいものでした。彼をはっきり応援していた新聞社は、氏の親戚が経営している「ニューヨーク・ポスト」という地方紙ぐらいなものだったそうです。

日本の国益を鑑みると、ヒラリー氏が勝ってもトランプ氏が勝ってもどっちもどっちと言った風なのですが、個人的に応援していたので今回の結果は嬉しいものです。願わくば、日本とは良い関係を築いて欲しいものです。