トランプ派のイスラム教徒登録論

【ロサンゼルス時事】トランプ次期米大統領の有力支持者が、米国による第2次大戦中の日系人強制収容を引き合いに、
テロ対策としてイスラム系移民の登録制度の必要性を主張し、批判が高まっている。

米海軍特殊部隊の元兵士で、トランプ氏の政治資金団体幹部のカール・ヒグビー氏は16日、FOXニュースの番組で、
イスラム系移民の登録制度は法的にも導入可能だと指摘。「第2次大戦中に日本人に対しても行った。前例がある」と語った。

この発言には、米国のイスラム教徒だけでなく、日系人らも反発。映画「スタートレック」で知られる日系人俳優ジョージ・タケイ氏は、
18日付の米紙ワシントン・ポストに寄稿し、「仲間を人種や宗教で分断することで、社会に安全がもたらされたことは過去にない」と批判した。
タケイ氏は幼少期に強制収容された。

日系のマーク・タカノ下院議員(民主党)は声明を出し、「(ヒグビー氏の)発言は、多くの米国人がトランプ政権に持つ最大の
不安を裏付けている」と指摘。トランプ氏に対し、ヒグビー氏の発言を非難するよう求めた。 (2016/11/19-15:18)

時事通信
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016111900178&g=int

一番の問題はその日系人に対して謝罪と賠償が公式に行われたこと。

イスラム教徒をどう扱うかという議論に関してトランプ派が、「第二次世界大戦中、日系アメリカ人を強制収容所に入れた例があるから、それを真似すればいい」といった発言をしたという記事です。

記事内では「日本人」とありますが、「日本人と日系アメリカ人」です。非常に重要な点ですのでお間違えのないように。

ヒグビー氏の言っている「前例」なのですが、調べてみる限り、これはアメリカの恥です。真似しない方が良いです。詳細については「第442連隊戦闘団」で検索してみて下さい。
アメリカの日系人収容について簡単に解説します。
第二次大戦中のアメリカは、テロの危険性という理由から、同様に敵国であるドイツ系やイタリア系はほっといて、日系アメリカ人のみを強制収容所にぶち込むことに決めました。(なお、ぶち込む前には財産等は没収しています)。その数おおよそ12万人。
ただ、そんな状況にあっても日系二世の33,000人はアメリカ軍に従事し、アメリカに対する忠誠心をその血で示します。
更に、442連隊戦闘団という部隊に所属された日系人は、アメリカ史上最も多くの勲章を授与した部隊として、今もなおアメリカ史に名を残しています。

二次大戦終戦後、日系人は解放されるのですが差別感情はうずたかく積もり、1960年代になってようやく、二次大戦時の日系人が評価されることになります。

大体そんな感じです。

アメリカ陸軍では、第442連隊戦闘団のことを学ぶことが必修となっているそうなので、元軍属のヒグビー氏は知らんわけではないと思うのですが、何を考えているのでしょうか。

アメリカが賠償金を支払うということは、アメリカが公式に「それは間違いだった」と認めているということです。ほんと何考えているのでしょうか。
アメリカに対する忠誠心をその血で示せってことでしょうか。それならまだわからんでもないです。コーランに対する信仰心よりも、合衆国に対する忠誠心の方が上であるってことがわかるようなアクションを、イスラムの側は起こした方がいいと思います。
コーランに対する信仰心の方が上って言うのでしたら祖国にお帰り下さい。アメリカはそういう所です。

さて、第442連隊戦闘団の最も代表的な戦いは、ドイツ軍に包囲されたテキサス大隊を救出したボージュの森での戦いと言われています。

救出された際、テキサス大隊と442部隊は、抱き合って喜んだのですが、大隊のバーンズ少佐が軽い気持ちで「ジャップ部隊なのか」と言ったため、442部隊の少尉が激怒して掴みかかり、こう言ったそうです。

「俺たちはアメリカ陸軍442部隊だ。言い直せ!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です