「設定」タグアーカイブ

windows10のメールアプリにxseverのアドレスを追加する方法

windowsメール解説記事画像
パソコンを新しくしてウインドウズのメールアプリにアドレスを追加することにしたのでその方法について自分用のメモもかねてお伝えしていきます。

サーバーパネルにアクセス

既にエックスサーバーでアドレスは作成済みという前提で進めていきますが、まずはしっかりアドレスの作成ができているかどうか確認します。

まずはサーバーパネルにアクセスし、「メール」→「メールアカウント設定」を開きます。

設定説明用1

所持しているドメイン一覧が出てくるのでメールアカウントを選択します。

設定説明用2

すると、メールカウントの設定画面にいけるのでアドレスを確認します。

ここまで確認できていれば準備は完了です。

※アドレスがうまく作成できていない場合には表示されません。その場合はエックスサーバー上でまずはアドレスを設定してください。


メールアプリの設定

ウインドウズのメールアプリを開いて左側のバー右下にある歯車マーク、「設定」を開きます。

設定説明用3

「アカウントの管理」→「アカウントの追加」

設定説明用4

すると、アカウントの設定方法が選べるので「詳細設定」を選択します。

設定説明用5

「インターネットメール」を選択します。

設定説明用6

詳細の入力

上から順番に入力していきます。

①メールアドレス
設定したメールアドレスをそのまま入力します。

②ユーザー名
必ず上記と同じメールアドレスにしてください。

③パスワード
エックスサーバーでアドレスの設定をしたときのものです。忘れた場合「メールアカウント一覧」→「変更」で再度設定できます。

④アカウント名
任意で決められますがメールアドレスをそのまま入力しておいたほうがわかりやすいです。

⑤この名前を使用してメッセージを送信
送信した際にアドレス欄に表示される名前です。任意。

⑥受信メールサーバー
メールソフト設定の受信(POP)サーバーに書いてあるものをコピペで入力します。※画像参照

設定説明用7

⑦アカウントの種類
IMAP4を選択します。

⑧メールの送信(SMTP)サーバー
メールソフト設定の受信(POP)サーバーに書いてあるものをコピペで入力します。※画像参照

設定説明用8

⑨チェックそのままでサインイン



⑩完了

まとめ

エックスサーバーの方で設定ができていれば、あとは簡単だったと思います。

アカウントの種類はIMAP4なのでご注意を。

最後に、無事に設定できていればメールの送受信ができるはずなので、メールの送受信チェックはしておいてください。